グリストラップ清掃の重要性

グリストラップを放置するおそろしさとは

グリストラップは、法律や保健所より「定期的に適切な方法で清掃すること」が定められています。
では、グリストラップを清掃せずに放置するとどうなるか?を改めて検証してみましょう。

グリストラップ清掃をおこたると・・・?

[画像]グリストラップ清掃をおこたると・・・?

最初はただの水と廃油が溜まった槽でも、放置するとスカム(油脂汚泥)となり、悪臭や害虫、そして排水管の詰まりの原因となります。
ここまできたら清掃や衛生管理に大きな手間と費用がかかってしまうのです。

悪臭問題
グリストラップを原因とする悪臭は、腐敗臭や生ゴミ臭、魚などの生臭さ、油臭などが入り交じった強烈なもの。厨房にこもるばかりか、客席や店外まで漂ってしまう威力を持っています。
厨房での悪臭発生
[画像]厨房での悪臭発生
職場環境が悪化し、スタッフの作業効率やモチベーションが下がります。
調理のクオリティが落ちたり、人員がすぐに離職したりといったリスクがあります。
客席での悪臭発生
[画像]客席での悪臭発生
一度悪臭を感知されたら、そのお客様がリピートする確率は急降下すると思っていいでしょう。
悪評も広がり、売上低下を招きかねません。
店外での悪臭発生
近隣の住民や店舗から苦情が入り対応に追われます。通りすがりの人にも感知されてしまうため、エリア全体のイメージ低下が起こり、集客が低下しかねません。
衛生問題
[画像]衛生問題
グリストラップの清掃を放置すると、害虫が発生してしまいます。
厨房や排水管・排水溝・排水槽は害虫の温床です。
厨房での害虫発生
スタッフのモチベーションが下がるばかりか、提供するメニューにも混入する可能性があります。
また、雑菌を持った害虫が厨房を歩き回ることで、調理環境全体が不衛生になってしまいます。
客席での害虫発生
フロアや店内を動く害虫を発見されたら、そのお客様はよほどの理由がないかぎりリピートはしないでしょう。
当然悪評も広がります。害虫は悪臭よりも大きなインパクトとなり、経営に大きな打撃を与えかねません。
店外での害虫発生
いわゆる不衛生な繁華街としてのレッテルが貼られます。
ゴミの周囲に害虫がいる様子が目撃されたら、潜在的な顧客も取り逃してしまうでしょう。
食品からの食中毒発生
[画像]食品からの食中毒発生
害虫だけではなく、コレラ菌、O157など病原性細菌、ノロウイルスなどの病原性ウイルスに起因した食中毒の発生は経営悪化だけではなく、損害賠償責任など社会的に見ても大きな問題に発展する可能性があります。
発生する主な害虫
ゴキブリ 空調設備や厨房設備裏など、あたたかく湿気のある場所を好みます。フンや死骸が食品に混入する可能性があります。
チョウバエ 主に汚水槽や排水槽から発生します。グリストラップのスカムの中で有機物をエサにし、羽化します。
植木鉢などの水たまりが発生源となりますが、同様に排水槽も発生源となることがあります。
ネズミ 下水管や土中で生息し、食物を求めて厨房に侵入します。スカムが直接エサとなることはあまりありませんが、不衛生な環境を好んで繁殖します。
発生する主な病原菌
コレラ菌 人以外に感染しない菌で感染、繁殖すると下痢やおう吐を引き起こします。
赤痢菌 感染力の強い菌で少量でも感染します。手や指、食品が汚染される可能性もあります。発熱、大腸炎、下痢、おう吐を引き起こします。
ペスト菌 ネズミを中心として感染、伝染します。潜伏期間もあり、死亡率が高いため、速やかな対処が必要となります。
O157 熱以外に強く感染力が高いです。下痢や腹痛を引き起こします。
レジオネラ菌 健康な成人は接触しても発症することは少ないが、レジオネラ肺炎などを発症した場合は適切に治療を行わないと死亡することも。
ノロウイルス 急性腸炎を引き起こし下痢、おう吐が主な症状となります。消毒液の耐性があるので、集団感染に至る場合もある。
  • 「なんとかしたいけど、手間も効果もイマイチ・・・」そんな方に廃液利用型石けん化衛生工法「グリピカ」

このページの先頭へ

Copyright © 特許工法【グリピカ】業界初のグリストラップ清掃 All Rights Reserved.